news

家づくりのすゝめ『こどもエコ補助金、もらえるの!?』

by 川原 司(スタッフ紹介ページへ)

こんばんは。

 

 

 

川原です。

 


 

球磨郡水上村出身 43歳 4人家族

宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー

 

 

 

 

遅ればせながら、あけましておめでとうございますm(__)m

 

 

 

 

1月とは思えないような気候ですね。

 

 

 

 

年末は皆様いかがお過ごしになられましたか?

 

 

 

 

川原家は今年もジャニーズと一緒に年を越しました。

 

 

 

 

多分、来年も再来年もきっとジャニーズと一緒に年を越すのだと思います。。

 

 

 

 

まあ兎にも角にも、無事に新しい年を迎えることができて一安心です。

 

 

 

 

 

兎にも角にも・・・

 

 

 

 

 

そう!ウサギ年なので『兎』という言葉を使ってみました!!

 

 

 

 

 

気づいたあなたは今年中にきっといいことがおきるでしょう!

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

ということで、新年一発目のお題は・・・

 

 

 

 

『こどもエコ補助金、もらえるの!?』

 

 

 

 

というお話をお届け致しますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

ある平凡なマイホームを考える夫婦の会話シリーズ

 

 

 

『こどもエコ補助金、もらえるの!?』編

 

 

 

 

パパ『Yahooニュースに出てたんだけど、住宅補助金の予算が無くなって大紛糾してるみたいよ』

 

 

 

 

ママ『へ~。ちなみに補助金っていくらもらえたの?2~30万くらい?』

 

 

 

 

パパ『100万だって』

 

 

 

 

ママ『ひゃひゃひゃひゃひゃひゃくまん!!!!????』

 

 

 

 

パパ『そりゃ~あてにしてた人は怒るよね~』

 

 

 

 

ママ『私なら乗り込むわね・・・。永田町に・・・。

 

 

 

 

パパ『それこそYahooニュースに出ちゃうよ・・・』

 

 

 

 

ママ『でもまあ、無尽蔵なわけはないから無くなることもあるんだろうね』

 

 

 

 

パパ『そうみたい。仕方ないことではあるらしいんだけど、今回はあまりにも急に急激に予算がなくなったから、なにかおかしいんじゃないかってなったみたいだね。』

 

 

 

 

ママ『きっと何かの裏工作をしている奴がいたのね!許せない!』

 

 

 

 

 

パパ『ママ、スパイファミリーの見過ぎだよ・・・

 

 

 

 

 

ママ『まあ、冗談はさておき、という事はなるだけ早く手続きをしたほうがいいということね

 

 

 

 

 

パパ『そうみたい。でも省エネ住宅が対象だからまずは間取りとか設備機器とか決めて、補助金申請とはまた別に手続きも必要みたいだからそんなにポンポンはできないみたいだよ』

 

 

 

 

 

ママ『そりゃ100万だもんね、簡単なわけないよね・・・』

 

 

 

 

 

パパ『でもやっぱり、もらえるもんならもらいたいよね~!

 

 

 

 

 

 

と、今日も夢のマイホームに向けて絶賛夫婦会議中。。。

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

昨年11月末、建築業界に激震が走りました。。。

 

 

 

 

 

その理由とは・・・

 

 

 

 

『こどもみらい住宅支援事業の補助金無くなる』

 

 

 

 

というものでした。


 

 

 

 

 

 

この時の補助金の最高額は100万円。


 

 

 

 

 

100万あればけっこういろんなことに予算を回せます。

 

 

 

 

 

あくまでも年度の予算の中で行われる補助事業なので、『予算が無くなり次第終了』ということにはなるのですが、前回はあまりにも早く、あまりにも急激に予算が減ってしまったことです。

 

 

 

 

 

 

原因はおそらく・・・

*憶測なので割愛します・・・

 

 

 

 

 

 

既に申請中だった方でも補助金受けれませんのでさすがにちょっとやりきれないですよね・・・

 

 

 

 

 

 

今までも、住宅に関する補助金はありましたが、こんなことは初めてでした。

 

 

 

 

 

 

さすがに、あまりの事態に、国もこれはまずい・・・となったのか、今年度の補助金事業で救済措置が発動・・・それでも救われなかった方も大勢いらっしゃると思います。。。

 

 

 

 

 

 

ということで、補助金はあくまでも年度の予算の範囲内で行われるものなので、もらえないかもしれない!という認識は必要ですね。

 

 

 

 

 

 

では、どうすれば補助金が貰えるのか?どんなお家なら補助金が貰えるのか?

 

 

 

 

 

 

ググれば詳しく出てきますので、ここでは簡単にお話すると。

 

 

 

ZEH関連

 

 

認定低炭素

 

 

性能向上計画認定

 

 

長期優良住宅

 

 

 

 

このどれかの制度を使えば補助金取れます。

 

 

 

 

 

 

ただ、それぞれクリア要件と補助金以外の恩恵も違いますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

 

 

ZEH(太陽光必須)*ZEH OrientedとNearly ZEHは太陽光不要

 

 

 

認定低炭素(太陽光必須・市街化区域のみ・税金の優遇あり)

 

 

 

性能向上計画認定(市街化区域以外)

 

 

 

長期優良住宅(税金の優遇あり)

 

 

 

という感じです。

 

 

 

 

 

 

その他、省エネ住宅はフラット35や民間金融機関でも金利優遇、住宅ローン減税の最大控除額が増などのメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

補助金もらえる上に、税制の優遇も受けられる・・・

 

 

 

 

 

 

やっぱり大きいですよね。。。

 

 

 

 

 

 

また、上記の4項目、それぞれ申請先、申請の流れがバラバラです。。。

 

 

 

 

 

 

なので、我々の手続き申請も結構大変なのです。。。

 

 

 

 

 

 

とにかく、省エネ住宅にすれば補助金が貰える最大の要件はクリアします。

 

 

 

 

 

 

どの制度を利用していくかは、建築会社の方と話し合いが必要ですね。

 

 

 

 

 

 

そして、重要だけどどうしようもないのが、時間ですね。。。

 

 

 

 

 

 

前回のように、早々と補助金の予算が無くなるということが起きてもおかしくはありません。

 

 

 

 

 

 

今回はイレギュラーな状況だったので、救済措置がでましたが、おそらく次は無いと思います。

 

 

 

 

 

 

これをクリアするためには、とにかく早めに建築会社と一緒に計画していくしかありません。

 

 

 

 

 

 

ただ、日本全国のお家づくり検討中の方が狙っている補助金ですからね、残念ながら予算の減り具合が正確にはわかりません。

 

 

 

 

 

 

まあこのようなご時世ですので、来年度も何かしらの補助制度は継続されるとは思いますが

まだ今年度分も動き始めたばかりですので、あきらめずに狙っていきましょう!

 

 

 

 

 

ということで、今回の家づくりのすゝめ『こどもエコ補助金、もらえるの!?』は以上になります。

 

 

 

 

皆様、また次回・・・m(__)m

 

 

 

【直近のお家づくりイベント情報】

 

【神水本町モデルハウス2棟ご見学会】シカクハウス/サンカクハウス

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/29541

 

 

【コムハウスの建売 花立/桜木 内覧会!】

花立の家

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/29424

 

桜木の家

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/30120

 

 

【初めての家づくり 無料相談会】 

お家づくりのあれこれ何でもご相談できますm(__)m

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/30122

 

 

 

 

 

 
 完成見学会やモデルハウスの見学や施工例とコムハウスでお家を建てられた方の声が見れるHPはこちらから
⇩⇩⇩⇩

「家づくりのすゝめ『こどもエコ補助金、もらえるの!?』」をシェアする!