staff

家づくりのすゝめ 土地編『何坪必要か・・・?』

by 川原 司(スタッフ紹介ページへ)

こんにちは。

 

 

 

川原です。

 

 

 

今朝は急激に寒くなりましたね。

 

 

 

年末から1月にかけて、寒い~!と感じる日がほとんどなかったように

思いますが、今日は今年一番寒い!と感じました。

 

 

 

とはいえ、あと一ヶ月で3月。

 

 

 

すぐに暖かい春がやってきます。

 

 

 

私の一番好きな季節です。

 

 

 

待ち遠しい。。。

 

 

 

 

さて、今回の家づくりのすゝめ土地編ですが。

 

 

 

『何坪必要・・・?』

 

 


 

 

という内容でお届けしていきたいと思います。

 

 

 

 

お家づくりのご相談の中で、

 

 

 

 

『自分たちはどれくらいの広さの土地が必要でしょうか?』

 

 

 

 

というご質問を受けることがよくあります。

 

 

 

 

 

多くの方が『広くて安くていい場所』の土地が理想ですよね。

 

 

 

 

でもそんなパーフェクトな土地はほとんどありません。

 

 

 

 

自分も含めみんなわかってはいながらもまずは理想を求めます。

 

 

 

 

それが人間てもんですよね・・・。

 

 

 

 

でも家づくりについて少しづつ勉強したり色んな話に触れる中で現実的な部分も見えてきて、

広さや場所、価格など様々な条件のバランスを考えるようになっていきます。

 

 

 

 

恐らく、不動産屋さんや建築屋さんに相談しても、理想よりも現実的に条件が

合う方向にしか話は持っていかれないと思います。

 

 

 

 

理想ばかりではなかなか前には進まないことが多いですからね・・・。

 

 

 

 

私も土地探しのお手伝いをすることが良くありますが、

私の場合はまず徹底的に理想に近い土地を探してみます。

 

 

 

 

だってもしかするとあるかもしれないからですね。。。

 

 

 

 

ただ、そんな土地はほとんどないのも現実なのですが。。。

 

 

 

自分も一消費者として思うのですが、なにもせずに理想を捨てるって

心残りがあったりすると思います。

 

 

 

 

家づくりは一生のうちの一大イベントですからまずはあまり限定し過ぎずに

幅広い考えを持って進めていいのかなと思います。

 

 

 

 

さて、話を戻しまして、そんな土地探しの中でどれくらいの広さの土地があれば

自分たちの家は建つのか?という疑問が出てくる場合があります。

 

 

 

 

特に坪単価が高い地域などでは1坪違うだけで何十万、5坪違えば何百万と

価格差が生まれる可能性があります。

 

 

 

 

坪単価25万で55坪1,375万の土地

 

 

 

 

坪単価25万で60坪1,500万の土地

 

 

 

 

その差、125万円

 

 

 

 

 

 

あなたならどちらを選びますか?

 

 

 

 

 

 

 

125万円という金額が建物においてどのような金額になるかというと

 

 

 

 

・太陽光システム4~5㎾*太陽光メーカーによる

 

 

 

 

・断熱材セルロースファイバーにしても余る*30坪程度の家

 

 

 

 

・樹脂サッシにしても余裕*窓の数と種類によります

 

 

 

 

・塗り壁いけます*30坪程度の家

 

 

 

 

・アイランドキッチンいけると思います。*メーカーとグレードによる

 

 

 

 

・床暖房いけます*施工範囲による

 

 

 

 

 

全部出来ますよという事ではありませんが、皆さんからよく要望される

ワンランク上的な希望のどれか1つか下手すると2つは叶えられると思います。

 

 

 

 

 

ではその土地の広さの5坪の差ってどんなものなのでしょう?

 

 

 

 

まず、目視では我々専門業者でもわかりません!

 

 

 

 

次に、

 

 

 

 

 

55坪の土地は181.81㎡

 

 

 

 

 

60坪の土地は198.34㎡

 

 

 

 

 

1辺の長さが同じ15mだとすると、

 

 

 

 

55坪 15×12.12=181.81

 

 

 

 

60坪 15×13.22=198.34

 

 

 

 

もう1辺の長さの違いは1.1mです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、では再度同じ質問です。

 

 

 

 

 

 

 

あなたならどちらの土地を選びますか?

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、皆さんの家づくりに関する要望はそれぞれですので、

大きさや駐車場の台数などによってはどうしても60坪が必要だとなる場合も

大いにあると思います。

 

 

 

 

建蔽率と容積率という逃れられない制限も地域によって異なりますからね。。。

*建蔽率と容積率については、こちらの記事をご覧くださいm(__)m

https://www.com-haus.net/88558/

 

 

 

 

土地探しを進める中では、広さだけではなく場所や価格など

色んな条件のバランスを考えていかなければならない時が来ると思います。

 

 

 

 

坪数で悩んだら。

 

 

 

 

土地と家の事の両方わかる専門家と一緒に土地を見に行くこと

 

 

 

 

が大事だと思います。

 

 

 

 

それを繰り返していけば、自然と『自分たちはこれくらいの広さがあれば大丈夫だね。』

 

 

 

 

となっていかれると思います。

 

 

 

 

道路の方角や土地の形によっても建物の間取りは変わってきますが、

一度、自分たちの理想の家づくりの間取りをシミレーションしてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

先日行った『間取りのワークショップ』はたくさんのご予約をいただきましたが、


こんな無料イベントを利用されてもいいかもしれません。。。

 

 

 

最後は宣伝。。。

 

 

土地の事、家の事、ローンの事、なんでもどうぞお気軽にご相談ください。

 

kawahara@com-haus.net

 

 

私のアドレス直通ですのでお気軽にご相談下さい(^^)

 

コムハウスの家づくりの施工例や無料資料請求、

見学会情報はこちらでチェックできます(^^)

 

HP:https://www.com-haus.net/

 

Instagram:https://www.instagram.com/com_haus/?hl=ja

 

株式会社コムハウス 熊本市東区神水本町27-21 096-285-6667

川原 司 宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー

 

「家づくりのすゝめ 土地編『何坪必要か・・・?』」をシェアする!