staff

日常のありがたさ。

by 橋本 力也(スタッフ紹介ページへ)

こんにちは!com-hausのハシモトです。

 

 

先日は、構想から約一年。

くまもと江津湖魅力化推進協議会と、熊本市にも協力頂き

『防災スクール 江津湖キャンプ』を開催することができました。

 

 

普段は公園の風景の江津湖ですが、この日は

災害時の日の使い方や、ペットボトルを利用してつくるピザなど、

災害時に役に立つ生活の知恵を体験できるイベントがありました。

 

 

公園も災害時はこういった使い方になること、

きっとあり得ない話ではないと思います。

 

 

実際、今は災害が起きておりませんので、各々楽しく過ごすための

準備をしてきていますが、

楽しむ為に行くのが『キャンプ』のような気がしていましたが、

災害で外での生活が余儀なくされる時間もキャンプに

限りなく近いということを実感しました。

 

 

 

震災から3年。振り返るとこの時期は学校の校庭でも

寝ましたし、車中泊もしました。

当時生まれて5ヶ月だった娘は、ガスコンロで温めたお湯で

外で体を拭いたり、電気や水の供給に困ったり・・・。

 

 

とても不便な日々を過ごしましが、今は日常を取り戻しました。

まだまだ、不便な生活、震災前とは異なる生活をされている方も

多数いらっしゃるので、すべて良しとは言えませんが。

 

 

電気がつくこと、水が出ること、ご飯が食べられること、お風呂に入れること、

物が売ってあること、仕事ができること、遊びにいけること、

今の生活で『普通』になっていることが、実は普通ではなく、

『ありがたいこと』だと3年前に気づくことができました。

 

 

辛い経験でしたが、明らかに強くなりました。

仕事も急激に忙しくなり、疲弊した時期もありましたが、

時間を大事にするようになりました。

 

 

日常の『普通』のありがたさ、これを忘れないことを

しっかりと考えて生きていきたいと思っています。

「日常のありがたさ。」をシェアする!