一日一歩 one step at a time

時間の捉え方 創業時のカレンダー

by 田中 誠一(スタッフ紹介ページへ)

コムハウス創業時は色々な企業の良いところを取り入れて成長して行きたい

意欲が今以上に強くあり毎週いろいろな勉強会を行っていました。

その中のひとつに、リンクアンドモチベーションの小笠社長の話を聞いて影響を受け取り組んでいた事があります。

それは社内専用のカレンダーをつくるというものでした。

単に社内の行事が書き込んであるものではなく

時間軸を大きく変えたものでした。

 

 

通常1年は12カ月ですね!当たり前です(^^)

しかし私達が作っていたカレンダーは1年は4カ月でした。

 

 

つまり通常の会社が一年という単位で動いている時、

私達は3年やっているかのようなスピード感と充実感がありました。

少ない人数で多くの仕事を効率よくこなして行くにはベストな方法だったのかもしれません。

 

 

しかし創業メンバーのみでやっている時はそれでも良かったのですが、

人が増えるに連れ共有して行く事が困難になり止めてしまいました。

10日で一カ月が過ぎるという感覚・・・新卒で入った子たちにはよく分からないですよね(^^)

 

 

全ての人に平等に与えられている時間!

この時間を大切に使うという事は当たり前の事なのかもしれませんが曖昧なものでもあります。

そんな時、この時間軸を変えたカレンダーを作ってみてはいかがでしょうか?

結構おもしろく取り組めますよ!

「時間の捉え方 創業時のカレンダー」をシェアする!