コムペディア

古材


 

築70年以上の古民家から採取される良質な木材を古材といいます。

古材は傷もあれば、割れもありますが、

そうした傷や割れはわずかな期間では生まれません。

新しい木材にはない長い年月を経た古材だけがもっている個性や味があります。

古材を使うことによって環境にも優しいですし、

長い時間をかけて自然乾燥をしていき強度を増していく天然乾燥材なので

新材よりも強度があるそうです!

古材が使用されている家具も味があっていいですよね^^