news

家づくりのすゝめ『戦々恐々!?住宅ローンの仮審査』

by 川原 司(スタッフ紹介ページへ)

こんばんは。

 

 

 

川原です。

 


 

球磨郡水上村出身 43歳 4人家族

宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー

 

 

 

 

先日の休日のこと。

 

 

 

益城のさくらの森にあるダイソーにクリスマスプレゼントの包装の材料を買いに行ったところ、

スタッフの橋本夫妻と遭遇。。。

 

 

 

たわいもない会話を交わしたあと、じゃあねと。

 

 

 

 

その後、夕食の材料を調達しに、お隣のハロデーに。

 

 

 

 

そして今度はお肉コーナーでまたもや橋本夫妻に遭遇。

 

 

 

 

今夜はお鍋とのこと。

 

 

 

 

うちもです。。。

 

 

 

 

 

 

以前にはOBさんにも目撃されていたようで。

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたアフターに行ったときに『ハロデーで川原さん見ましたよ!』

 

 

 

 

 

『え~!声かけて下さいよ~!』と言ったら・・・

 

 

 

 

 

『いや、プライベートだからと思って・・・』

 

 

 

 

 

 

 

芸能人かっ!!

 

 

 

 

 

 

仕事中の川原もプライベートの川原もたいして変わりませんのでどうぞお気軽にお声掛け下さいm(__)m

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

ということで、本日のお題は・・・

 

 

 

 

『戦々恐々!?住宅ローン仮審査』

 

 

 

 

というお話をお届け致しますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

ある平凡なマイホームを考える夫婦の会話シリーズ

 

 

 

『戦々恐々!?住宅ローン仮審査』編

 

 

 

パパ『ねえ、住宅ローンって審査があるんだってよ!』

 

 

 

ママ『そりゃそうよね。。。そんな簡単にはいどうぞ!とはならないよね・・・』

 

 

 

パパ『大丈夫かな・・・。ネットでちょっと調べたけどこれまでの個人情報が調べられたりするんだって』

 

 

 

ママ『なにか心当たりあるの?』

 

 

 

パパ『い、いや!ないよ!無いけどちょっとドキドキするよね・・・』

(実は独身時代に残高が足りなくてある借り入れの返済が遅れたことが・・・

 

 

 

ママ『まあね、初めてだしね。でもまあ大丈夫でしょ!

 

 

 

パパ『う、うん!大丈夫だよ!きっと・・・』

 

 

 

ママ『あと、健康かどうかも結構重要らしいよ。。。』

 

 

 

パパ『そうなんだ、まあ、そこは大丈夫かな!』

 

 

 

ママ『いや、パパ。前回の健康診断で血圧が高めで要注意だったでしょ?』

 

 

 

パパ『え!そんなのも影響するの!?』

 

 

 

ママ『再検査とか、お薬飲んだりし始めると審査が入るみたいよ・・・

 

 

 

パパ『まじですか・・・』

 

 

 

ママ『よし!今日から甘いものと、お酒と、揚げ物禁止よ!』

 

 

 

パパ『ええええええ!逆に病んじゃうよ~!

 

 

 

 

 

 

と、今日も夢のマイホームに向けて絶賛夫婦会議中。。。

 

 

 

 

 

残念ながら住宅ローンは誰にでも借りれるわけではありません。

 

 

じゃあ、借りれるか借りれないかの判断はどうやってするの?

 

 

となるわけですが、それを審査する第一段階が

 

 


『住宅ローン仮審査』


 

 

という審査です。

 

 

では、この仮審査ではいったいどのような部分が審査されているのでしょうか、

あるいは、どういった部分が良い影響、悪い影響をもたらすのでしょうか?

 

 

まず、審査の内容としては・・・

 

 


家づくり全体の資金計画(土地や建物の情報)、お勤先、年収、勤続年数、既存借入れなど

 

 


そうです、ここで前回のお話『返済負担率』の計算も同時に行われているわけです!

 

 

そして、同時に進められているのが・・・

 

 

『個人信用情報』

 

 

 

です。

 

 

よく聞くブラックリスト的なやつですね・・・

*正式にはブラックリストという言葉はありませんが。。。

 

 

これまでの人生の中で、金銭的な事故を起こされていると、個人信用情報に記載されます。

 

 

いわゆる自己破産とか債務整理はもちろんですが、返済の遅れなどの経歴も出てきます。

 

 

 

銀行さんも、これからとても大きな額を貸すわけですから、借りた方がちゃんと働き続けて、返済を続けてくれるのか、これが一番心配なわけです。

 

 

 

もし、自分が貸す立場になって考えると、

 

 

ちょっとこの方だとこの返済額は厳しくないかな・・・

 

 

ちょくちょく返済が遅れている経歴があるな・・・

 

 

となったら、あまりお金を貸したくないですよね?

 

 

 

なので、銀行さんは様々な情報を総合的に判断して貸すか貸さないかを決めるわけです。

 

 

 

どんなに収入があろうが、どんな大企業にお勤めだろうが、個人信用情報に難がある方はローンが組めない可能性があるということです。

 

 

 

じゃあ、逆にプラスとなるポイントとしてはどんなことがあるでしょうか?

 

 

 

審査自体はどちらかというとネガティブな情報をチェックされる要素が強いように感じますが、例えば自己資金を多く持たれていたりするのは好印象であることは間違いないです。

 

 

 

仮に個人情報に多少の難がある場合でも自己資金が多いとプラスに働くこともあるようです。

 

 

 

あとは、勤続年数や、お勤め先に対する金融機関の評価が高い場合も有利ですね。

 

 

 

基本的な考え方として、金融機関としては継続的に支払いを続けていけるかどうかがものすごく重要なんですね。

 

 

 

逆に言えば、お勤め先が倒産せずに継続的にお給与を支払い続けてくれるかどうかが重要という事になるわけです。

 

 

 

 

そして、忘れてはならないのが

 

 

『団体信用生命保険』

 

 

です。

 

 


住宅ローンには生命保険が付いてきます。

 

 

 

万一、借りた本人(主債務者)がお亡くなりになられた際には、住宅ローンの残額が0になるという保険ですね。

 

 

 

これは、無料で付いてきます。

 

 

 

銀行さんとしても自分たちの為でもあるわけですね。

 

 


ということで、この団体信用生命保険に加入できないと住宅ローンが借りれません。

 

 

 


ただ、多くの場合、仮審査の段階ではこの生命保険の加入申し込みをすることはありません。

 

 

 

書式的に『団体信用生命保険申込書兼告知書』となっているので、住宅ローンの本申し込み(本審査)時に同時に記入します。

 

 


この点についてはいつもちょっと不思議だな・・・と感じています、健康状態は急に変化することもあるので、本申し込み(本審査)という正式にコトが進み始める直前にするのはわかるのですが、仮審査の段階でもしといたほうがよいのではないかと・・・

 

 

 

私の場合は、やんわりと仮審査などの時にお話するようにしています。

 

 

 

事前に団体信用生命保険の審査だけでもすることができますからね。

 

 

 

なので、持病をお持ちだったり、現在通院中、お薬服用中だったり、3年以内に何かしらの手術を受けたことがあったり、その他にも、何か思い当たることがある場合には事前に相談するのが得策です。

 

 

 

心配事は早めに消しておきたいA型川原です・・・

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今回の家づくりのすゝめ『戦々恐々!?住宅ローン仮審査』は以上になります。

 

 

 

皆様、また次回・・・m(__)m

 

 

【直近のお家づくりイベント情報】

 

【神水本町モデルハウス2棟ご見学会】シカクハウス/サンカクハウス

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/29079

 

 

【コムハウスの建売 花立/桜木 同時内覧会!】

花立の家

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/29424

 

桜木の家

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/29425

 

【コムハウスの家づくり 徹底解剖セミナー!】 

コムハウスの家の事、仕様、価格、構造、断熱、全てが知れますm(__)m

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/comhaus/events/29352

 

 

 

 

 
 完成見学会やモデルハウスの見学や施工例とコムハウスでお家を建てられた方の声が見れるHPはこちらから
⇩⇩⇩⇩

「家づくりのすゝめ『戦々恐々!?住宅ローンの仮審査』」をシェアする!