コムハウスブログ

cafe event, event, interior, life style, nidの家, staff

ボシャルウィットのある暮らしコラムvol.4

2018年01月12日

ボシャルウィットのある暮らし

2018.1/20(土)-1/28(日)

※1/24(水)定休日

11:00 – 19:00

 

 

今回で3回目の開催となるボシャルウィットのある暮らし。

世界でたった一つだけの“ボシャルウィット”

 

 

 4回目の本日は「ラグのお手入れ方法について」お話しいたします。

 

日常のお手入れ方法ですが、

敷く場所にもよりますが、月に1~2度くらい掃除機をかける程度で十分です。

吸引力で寝ていた毛足が起き上がり、見た目も気持ちのいいラグになります。


一か所に力を入れて吸うより、全体に均一にゆっくり、

優しくかけるように行うのがコツ!



毛足が長いタイプのラグは、ゴミなどが入り込んでしまいますが、

掃除機で吸い取るか、裏返してはたけば取れます。

また、たまにブラシなどをかけていただいても結構です。



※なお粘着力のあるロール状の「コロコロ」は、

表面のゴミだけを取り除くには便利ですが、できればご使用はお控えください。

粘着力があるので、ゴミと同時に繊維そのものを剥がして傷めてしまいます。

 

1~2か月に1度は天気の良い日に広げて、布団と同じように日中に干して下さい。

長時間、直射日光に当てると色褪せするので、「裏干し」がおすすめです◎

 

  

 


 

一般的なラグは、お洗濯が難しいことが多いのですが、

ボシャルウィットの素材は古着。

すでに洗濯を繰り返しているので、これ以上色落ちしたり、

縮んだりすることがありません。

 

年に1度はお洗濯を。

モロッコのラグは元々ほとんど洗いません。

掃除機をかけたり、干すだけで十分ですが、洗いたい場合も

お家でお手入れが可能です〇

 

※注意事項

・特に色の濃いラグは、色落ちや色移りする場合がございます。

最初に1部分水に浸してみて、白い布切れなどで擦ってみてください。

・色落ちする場合は、色柄物を洗う要領と同じように、

水に酢を適量入れて溶かしいれます。※お酢には色をとめておく効果があります。

・お風呂の浴槽などに水をはり、毛布を洗うようにラグを優しく押し洗いしてください。

・擦ったり、揉んだりすると縮みや傷みの原因になります。

・洗剤を使用する場合は少なめにしてください。

※小さいラグでも水を吸うとかなりの重量になるので、多いとすすぎが大変になります。

・モロッコのラグは、ウール(混合も多い)が多いので、

(アクリル、コットンもあります)出来れば「おしゃれ着洗い用の洗剤」をご利用ください。

・すすぎは、端から丸めるようにして絞って、すぐに真夏の炎天下で

しっかり乾くまで裏干してください。※重い物は、ある程度乾くまで平干します。

 

 

大変そうなラグのお手入れですが、

日々のお手入れは簡単に行うことが出来るボシャルウィット。

私たちの暮らしに取り入れやすいのも一つの魅力ですね。

 

 

 

 「つむぐ、あむ、つなぐ」

同時開催!!

 

 

 

2018.1/20(土)-1/28(日)

※1/24(水)定休日

11:00 - 19:00

糸をつむぎ、あみ、つなぐ。

ぬくもりのある冬の「編む」アイテムがnidに届きます。

冬もさらに深まり、温かいものが恋しくなるこの季節。

寒い時期のお気に入りが見つかる9日間!

 

ぜひ、楽しみにお越しくださいませ。

 

 

最新の記事一覧

カテゴリー

COM-HAUS

Other Blogs

月別アーカイブス

RSS

bnr_order.jpg

  • STAFF BLOG スタッフブログ
  • OBさん訪問日記
  • 一期一会
  • 社長田中の気まぐれコムブログ

THE COMFORT IS DESIGNED

たったひとつの椅子が私たちの暮らしに豊かさをもたらしてくれることがある。そんなことを信じながら提案してきた「心地よい暮らし」のためのインテリア。それをさらにもう一歩進め「あたたかい家族が育つ居心地の良い空間」をテーマに私たちは家づくりをはじめました。長年取り組んできた、細かいパーツへのこだわりや素材選び、その素材を活かす仕上げの大切さ、光りや風の取り入れかたや暮らしの動線。足し算ではなく引き算から生まれてくるシンプルでぬくもりのあるデザイン。そしてなによりも大切にしているのは、建てた瞬間が一番良い状態ではなく、何年も経つうちにより良い状態になっていく…という家づくりです。この経年変化を楽しむという発想は、私たちが今までも、そしてこれからも「ものをつくり出す」上での大きな理念のひとつになっています。

  • facebook
  • instagram
  • nid
  • blanc
  • cds+
  • bois
  • com-haus

求人・インターン情報