コムハウスブログ

event, interior, nidの家

ボシャルウィットのある暮らしvol.2

2017年03月20日

 こんにちは、深田です!

 

ボシャルウィットの森

POP UP SHOP開催!

 

3/31(金)-4/9(日)

11時〜19時

 

 

 

 

福岡を拠点に、モロッコのラグやインドの

キルトなどを扱うLIGHT YEARSから

モロッコの伝統的な裂き編みのラグ(ボシャルウィット)

 

 

蓋つきのバスケット(トビーカ)

トビーカとはモロッコで実際にパンや塩など粉ものを入れたり

ちょっとした物入れに使われていた蓋付きのバスケットです。

サイズ感も様々でリビングや寝室のインテリアのアクセントにもなります!

 

 

チャイグラス

モロッコのミントティーグラス。

リサイクルガラスの青みがかった色合いが涼しげですね。

これからの季節に活躍してくれそう!

手作りなのでガラスのゆがみや気泡の入り加減など

ひとつずつ違うのも特徴です!

 

ブルキナ

 コロンと丸いカタチか可愛いバスケット。

雑誌やブランケット、子供のおもちゃ、衣類の収納などを入れても〇

 エレファントグラスという水草の丈夫な茎で

ひとつひとつ編まれています。

 

 

他にもモロッコ雑貨が並びます。

 

 WONDER FULL LIFEさんからは

様々な国の伝統的なモチーフや、素材を組み合わせて作ったアクセサリーや

お洋服、バッグサンダルなども届きます。

 

 

会期中にしか見れないアイテムばかり。

是非、ご覧下さい!

 

 

ボシャルウィットとは…

マラケシュというところで作られるモロッコの伝統的なラグのことで、

先住民族のベルベル人が様々な布を編み込んでつくるので

ひとつとして同じものがありません。

 

ハンドメイドのラグは編む人の気持ちや思い、

見た風景、土地への愛を表現しているよう。

その歴史は、昔文字のよめなかった女性たちが手紙や日記を書くように

暗号のような模様を織って

気持ちを表現していたと言われています。

 

毛足の長短、素材など1点ずつ全て異なり、

また、たくさんの布を使うのでふかふかしています。

裏と表、両方使えるので気分や季節で使い分けるのもおすすめの使い方なんです。

 

 

本日はそのボシャルウィットを

シンプルな北欧テイストのcdsの家具たちと合わせてみました♪

 

 

上品でクラシカルなヘリンボーン貼りの床に

色鮮やかなボシャルウィットが良く映えます。

真っ青のファブリックのソファにぴったり♪

 

 

存在感のある色や柄は

一度見たら忘れられません。

 

 

このようにラグを変えるだけで

まったく違うお部屋に見えますよね~

 

 

 

お部屋の主役になってくれる一枚です。

 

 

 

 

 

 

 

初日2日間の3/31(金)・4/1(土)は

おさんぽマルシェも同時開催中!

 

 

 

人気のショップさんが大集合!

春の森をおさんぽするように

おとなもこどもも楽しめるイベントです。

是非、お出かけ下さい。

 

 

最新の記事一覧

カテゴリー

COM-HAUS

Other Blogs

月別アーカイブス

RSS

bnr_order.jpg

  • STAFF BLOG スタッフブログ
  • OBさん訪問日記
  • 一期一会
  • 社長田中の気まぐれコムブログ

THE COMFORT IS DESIGNED

たったひとつの椅子が私たちの暮らしに豊かさをもたらしてくれることがある。そんなことを信じながら提案してきた「心地よい暮らし」のためのインテリア。それをさらにもう一歩進め「あたたかい家族が育つ居心地の良い空間」をテーマに私たちは家づくりをはじめました。長年取り組んできた、細かいパーツへのこだわりや素材選び、その素材を活かす仕上げの大切さ、光りや風の取り入れかたや暮らしの動線。足し算ではなく引き算から生まれてくるシンプルでぬくもりのあるデザイン。そしてなによりも大切にしているのは、建てた瞬間が一番良い状態ではなく、何年も経つうちにより良い状態になっていく…という家づくりです。この経年変化を楽しむという発想は、私たちが今までも、そしてこれからも「ものをつくり出す」上での大きな理念のひとつになっています。

  • facebook
  • instagram
  • nid
  • blanc
  • cds+
  • bois
  • com-haus

求人・インターン情報